省エネ・環境機器メーカーが週1で読むブログ

船井総合研究所 小池桃太郎


カテゴリから記事を検索する


2018年1月14日 12:00

省エネ・環境機器メーカーがチェックすべき2018年のキーワード[No.31]

”脱”属人化, ヨコ展開, 技術, 時流

あけましておめでとうございます。

 

省エネ・環境機器メーカーにとって2017年はどういう1年だったでしょうか。

2018年は更なる飛躍の為に抑えておくべきキーワードと、具体的な施策が必要になります。

 

国内マーケットの一番のキーワードはズバリ、2020年問題です。

2020年はオリンピックが開催されるので、産業界も含めて日本全体が2020年に標準を合わせています。

実際、設備投資も加速しており、肌で実感されている企業も多いかと思います。

半導体業界の好調も相まって受注が拡大する一方で、2020年問題はもっと深刻です。

 

2020年に向けてまさに”今”準備しないと、この好調に乗り遅れるだけでなく、

2020年の後が苦しくなります。

 

2020年の後に成功するために省エネメーカー、環境メーカーが抑えるべきキーワードは以下です。

(さらに…)

2017年11月26日 00:00

中小メーカーは検査データで信頼を勝ち取れる[No.30]

時流

大手企業による検査データの改ざん問題が最近多くなっていますね。

神戸製鋼のデータ改ざん問題に続いて日産自動車の検査工程での問題、そしてSUBARU(スバル)の問題、

そして新たに三菱マテリアルで検査データの改ざん問題が起きてしまいました。

それぞれの問題は各社によって内容が違いますが、

本質としてはコンプライアンス問題に帰着します。

(さらに…)

2017年11月19日 23:04

展示会でブースに集客するパネルとは?[No.29]

展示会, 新規開拓, 船井流

中小メーカーにとって展示会は新規顧客を獲得する重要なイベントです。

だからこそ、いかに「良いお客様」を「できるだけ多く」獲得できるかが重要になります。

この①いいお客様②できるだけ多く獲得するためにはどうしたらいいでしょうか。

(さらに…)

2017年11月5日 01:03

展示会で大手を開拓している中小メーカーの秘密とは?[No.28]

展示会, 新規開拓, 直販

no-28%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

 

2017年も残り2か月となりました。

2018年こそは売上をアップして利益をアップして新規開拓を加速するために今準備することはなんでしょうか。

 

ズバリ、展示会の活用ですね。

 

BtoBこそ展示会の活用が大事です。

特に環境機器、省エネ機器の「環境ビジネス」に携わる場合は特に展示会が大事です。

 

 

では、環境ビジネス業界において、展示会で大手企業をドンドン開拓している会社は一体何をしているのでしょうか。

 

展示会といえば、メーカーにとっては新しいリストを作り、新しい営業案件を作り、

新規受注を獲得するために必要な手法の一つです。

 

 

しかし、マンネリ化したまま「なんとなく展示会に出展」していませんか?

 

(さらに…)

2017年6月30日 20:34

代理店を活用して大手を開拓している企業の秘密とは-その2-[No.27]

代理店販売, 営業体制, 新規開拓, 未分類

先日開催された環境ビジネス経営研究会では会員であるメーカー様より3社事例を発表いただきました。

その1つは既にご紹介した下記です。

代理店を活用して大手を開拓している企業の秘密とは[No.26]

今回は別の企業様のご紹介です。

 

空調関連機器を開発、製造、販売、アフターフォローされている会員様は

約300km離れた大手企業から受注しました。

(さらに…)

1 / 712345...最後 »