省エネ・環境機器メーカーが週1で読むブログ

船井総合研究所 小池桃太郎


カテゴリから記事を検索する


2019年2月16日 15:41

中小メーカー、商社が超手軽ワンボタンIoTで差別化する[No.57]

技術, 新規開拓, 時流

「IoTは注目のキーワードだけど、うちは関係ないかな」と思っている経営者もまだいるかと思います。

しかし先日、中小メーカー、商社にとって「すぐに売上へ貢献するIoT」が発表されました。

 

自社の消耗品やリピート品など、お客様から定期的に注文をいただく製品を

「お客様がボタンをクリックするだけでOK」という仕組みが「超手軽に」始められるようになりました。

 

 

 

ご存知の方は

(さらに…)

2019年2月12日 09:50

本格化したIoTの時流に乗ったメーカー・商社の経営とは[No.56]

展示会, 新規開拓, 時流

2月8日に船井総研主催の省エネ・IoTメーカー研究会が開催されました。

全国から様々なメーカー・商社の経営者が東京へ一同に会し、経営者の為の実務的な勉強会となりました。

最終的には今回も100名近い参加者となりました。

 

IoTがいよいよ本格化している今、時流に乗った経営のために

魅力的なゲスト講師の方にお越しいただきました。

 

 

まず最初のゲスト講師は金属プレス工場に特化したIoTであり、

(さらに…)

2019年2月5日 16:46

”訪問しない営業”が法人営業で定番になっている現実[No.55]

”脱”属人化, 代理店販売, 営業体制, 女性活用, 新規開拓, 時流

最近、「インサイドセールス」という言葉が流行っています。

正確な定義は検索すると出てくるので参照いただきたいですが、

ざっくり言うと「訪問しない営業」です。

 

営業と言えば以前は外回りしてなんぼの世界であり、

活躍する営業こそ飛び回っていることが「常識」でした。

 

しかし、現在は「訪問しない」営業をいかに実現できるか、

そしてそれをいかに経営に活かすことができるかによって生産性が大きく変わっています。

 

 

 

「訪問しない営業」と言えば、「営業事務」をイメージするかたもいるかと思いますが、

「訪問しない営業」、「インサイドセールス」は営業事務や事務員とは全然違います。

 

(さらに…)

2019年1月30日 10:27

大手も中小も!モノ売り企業の「サブスクリプション」新規参入事例[No.54]

ストック型ビジネス, 新規開拓, 時流

2019年に入り、サブスクリプション型(サブスク)のビジネスモデルを開始する企業が非常に多くなりました。

少し前から動きはありましたが、今年はサブスクリプション型のビジネスモデルが大きく躍進しそうですね。

 

まず、サブスクリプション型のビジネスモデルは

これまでのモノを売って対価を得るのではなく、定額・定期型のサービスを提供することにより対価を得ます。

メーカーとしては、①受注率がアップする、②売上が安定する、③利益率が高くなると良い事がたくさんありますが、

事業を始めるにあたって「お客様にとって価値があるか」のコンセプトをしっかり策定しないと自己満足になります。

 

 

参考までに、以前の記事で取り上げたas a serviceで簡単に紹介しています。

メーカーで今増えているas a service(アズ ア サービス)って結局なんなの?[No.39]

 

(さらに…)

2019年1月16日 13:55

中小メーカー・商社のIoT新規参入を今こそやるべき3つの理由[No.53]

ストック型ビジネス, 技術, 時流

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

以前、「産業用メーカー・商社が今IoTの新規参入をするメリット」で

「IoT」への世の中の注目が「省エネ」よりも高くなっており、

新規参入するためのお話をご紹介しました。

こちらをクリック→産業用メーカー・商社が今IoTの新規参入をするメリット

記事にてプレゼントした「6か月で立ち上げるIoT新規参入ガイドブック」へたくさんのお申込みありがとうございます。

まだ申し込まれていない方はご覧ください。

 

 

 

今回は中小メーカー、商社はIoTを行うべき以下の理由の2、3についてご紹介します。

1.時流としてIoTはチャンスが来ている
2.IoT事業は経営を強くする
3.中小企業は事業参入しやすい

 

 

 



2.IoT事業は経営を強くする



IoT事業はメーカー、商社にとって親和性が非常に高いです。

(さらに…)

1 / 1212345...10...最後 »